チャトラの散歩道

アクセスカウンタ

zoom RSS 福島原発避難区域の動物達

<<   作成日時 : 2011/04/18 23:07   >>

トラックバック 0 / コメント 0


☆ 福島原発避難区域の動物たち(4月5日時点)



☆ 福島原発避難区域の動物たち(4月6日時点)

***


海外署名サイトCare2で、
「原発避難区域で動物救済の許可を求める」署名をつのっています。
記入は英語ですが簡単な入力で済みますー。

電子署名サイトへ

フォームに必要事項を記入するだけで、簡単に署名ができます。 (アドレス、住所などはサイトには表示されませんのでご安心を。)

署名後、サインを受領したというメールが送られてきますが、それに対して特に確認メールを返信する必要はありません。 とにかく簡単にできます。

***


牛3千頭・豚3万匹、原発20キロ圏に…餓死か

東京電力福島第一原子力発電所の事故で、避難指示区域(原発の20キロ圏内)に牛約3000頭、豚約3万匹、鶏約60万羽が取り残されたことが19日、福島県の調べでわかった。

 避難指示から1か月以上が過ぎ、すでに多数が死んだとみられる。生き残っている家畜について、畜産農家らは「餓死を待つなんてむごい。せめて殺処分を」と訴えるが、行政側は「原発問題が収束しないと対応しようがない」と頭を抱えている。

 県によると、20キロ圏内は、ブランド牛「福島牛」の生産地や大手食品メーカーの養豚場などがあり、畜産や酪農が盛んな地帯。しかし、東日本大震災発生翌日の3月12日、同原発1号機が爆発し、避難指示が出たため、畜産農家や酪農家は即日、家畜を置いて避難を余儀なくされた。

2011年4月19日14時33分 読売新聞


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

福島原発避難区域の動物達 チャトラの散歩道/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる