チャトラの散歩道

アクセスカウンタ

zoom RSS ペットと共に避難できる?調布市

<<   作成日時 : 2011/04/09 10:41   >>

ナイス ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 0

いざ災害で避難というとき、自分自身ペットの為の備えはあるでしょうか? そして避難所はペット連れていけるのでしょうか? 4月5日付の調布市の市報にペットの被災についての記事がありました。

ペットの被災に備えましょう

地震などの災害が起きたときは、人と同じように動物も被災します。ペットのための万が一の備えも考えておきましょう。

●適切な管理

犬に鑑札、注射票をつけることはもちろんですが、災害時に迷子にならないように迷子札を装着するとよいでしょう。
また姿を見ないで自分のペットの特徴を正確に言える人は以外と少ないものです。 いざというときのために記録しておきましょう。

●しつけ
避難所で過ごすことも想定し、人の迷惑にならないよう、飼い主の責任として日頃から基本的しつけをしておきましょう。 ケージなどに嫌がらずに入ることができるようにしておくことも大切です。

●非常用ペット備品
非常用のえさや水、容器、リード、ふんなどを始末する用具、ケージ・・・・・準備しておきましょう。 



東北の被災地では場所によってはペットを連れての避難ができない為、泣く泣くペットを置いて家を離れた人、倒壊した家にペットと残ることを選択した人・・・ペットは家族と同じです。

今回の震災で動物やペットについての報道はとても抑えられていたにも関わらず、多くの人の関心が集まりました。 少子化で子供の数よりもペットの飼育数が多いと言われる日本ではそれは当然こと。
動物愛護団体や動物ボランティアも東北各県や福島に入って今も懸命に救済活動を行っています。 被災地の人を助けようという思いは対象が人であろうと、動物であろうと、同じ。 ブログやツイッターを通してその活動を応援し、支える多くの人の輪ができました。 

今回の市報での記事はこのような状況を受けてのことだったと思います。 行政の対応は一般的には遅いというイメージがありますが、自分が住む街、調布市が動物の被災についていち早く反応してくれたこと、へーちゃんと考えてくれていたんだと、なんだかとても嬉しくなりました。

調布市、イイね!

画像



画像



☆☆☆




よかったね!
飼い主と再会できた漂流犬


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 11
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
かわいい
ペットと共に避難できる?調布市 チャトラの散歩道/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる